新ブログへのアクセスをお願いしています (当ブログは更新しておりません)


by clarkwaka
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:リリカルなのはA’s( 5 )


さて、おまたせしました!!  リリカルなのはA'sの感想です。


今回は、“クリスマス・イブ”という題名がついているが、HAPPYな
クリスマスを過ごすという意味ではなかった・・・・

なぜか?

それは、友達・なのは・フェイトが一緒にはやての見舞いに訪れた。

そこで出会ったのは、シグナム・シャマル・ヴィータだった。。

なのは「そんなに睨まないで」
ヴィータ「睨んでねーです。こういう目つきなんです!」

おもいっきり睨んでいましたね。いやはや台詞が面白いです。
a0062382_124377.jpg


そして、闇の書が次回から大きくピックアップされることになりそうだ。
a0062382_12492471.jpg


しかし、はやてちゃん。あなたはいったい誰なの?
何がなんだかよくわからない姿になってしまいました・・・・。


さてリリカルなのはA’sは、駆け足でクライマックスへと向かっていきます。
各話が複雑になり予想がしづらくなってきました。

メグマガジン12月で監督が述べていましたが、「少し予想外な事が起きる」と
紙面に書かれていました。

いったい、どういう意味なんだろうか・・・・ 

それではまた次回の感想をお楽しみ!!

♪独自クライマックス予想や感想&トラックバック
お待ちしております♪

[PR]
by clarkwaka | 2005-12-01 13:10 | リリカルなのはA’s

今日、アニメイトにてリリカルなのはA’sのサウンドトラックを購入しました。

今回はお風呂のシーンなので、大変興奮(萌えて)しまいました・・・・。

特になのはとフェイトのお風呂シーンは最高に良かった!!


さて、今回のメグマガジン12月号には「リリカルなのはA’s」の
CDが付録としてつくようです。

お買い損ねのないように・・・・必ずGETしましょう。。。
[PR]
by clarkwaka | 2005-11-28 21:33 | リリカルなのはA’s

1週間が非常に長く感じてしまう今日この頃・・・・。

さて、待ちにまった第8話について取り上げてみよう。

フェイトがシグナムと交戦中に、駐屯所の管制システムがクラッキング
でダウンして指揮や連絡が取れなくなってしまう。

システムは管理局と同じものを使っていたのに外部から防壁も警報も
全部素通りでいきなりシステムをダウンさせた。

管理局内部の人間か、もしくは管理局に関係のある人間か…
多分、そうだと思うのですが・・・。



そして、はやての身体とロストロギア 「闇の書」は密接に繋がっていて、
抑圧された強大な魔力でリンカーコアが未発達なはやての身体に迫っていく。
体の麻痺の進行は止まることなく徐々に上へ上へ進行していった。

最近のヴィータとシグナムはなのは・フェイトとの交戦で必要以上に魔力を
使用し、はやての身体に負担をかけた。

そしてはやては検査をするため入院する事になった。


あと、闇の書について調べてくれたユーノ君からの報告をココで。
                 ↓
ロストロギア 禁断の魔導書 「闇の書」は本来の名前ではなく、正式名称は
「夜天の魔導書」といい、本来の目的は各地の偉大な魔導師の技術を収集し研究
するために作られた「主と旅する魔導書」。
破壊の力を振るうようになったのは歴代の持ち主の誰かがプログラムを
改変したらしい。

注)「夜天の魔導書」 の漢字は正しいかどうかは分かりません。
   いちおうの予想なので、ご参考までに・・・・・


さてさて、そしてはやてを元気づけようと、なのは・フェイト・すずかがお見舞いに。
また、2人とはやての接触に気が気でないシャマルは病院で偵察をする。

(私もここで一緒に入院してみたいな・・・・)

すずか「はやてちゃん大丈夫?」

はやて「うん、平気や。」

どんなに辛くても笑顔を絶やさないはやてちゃん。
そんな小さな願いも、小さな命も、もはや一刻の猶予もありません。
そんな事、はやてちゃん自身もわかっているはずなのに…

はやてちゃんの命は残り1ヶ月、それより短いかもしれない…

ハッピーエンドになることを期待したいですね。
[PR]
by clarkwaka | 2005-11-23 16:11 | リリカルなのはA’s

この度は、どうもブログの調子が悪かったのでこのような結果になりました。

スミマセン・・・・次週より更新いたします。


a0062382_21415192.jpg




a0062382_21422767.jpg

[PR]
by clarkwaka | 2005-11-17 20:45 | リリカルなのはA’s
本日より、ブログを本格的に更新しますのでご期待あれ!


擬似生命について疑問を持つなのは&フェイト。

彼女らはしっかりと意志を持っていた。
本来なら感情などなく、ただ主の命令を受け入れるだけのはずだという
クロノ。
もう少し闇の書について情報が欲しいクロノ。

それを振り返ると、第1話までさかのぼる。(回想です。)
はやての前で闇の書が起動した。闇の書が起動し、現れたのは
4人の騎士。

シグナムは今のご主人についてこう言った。
   ↓
『はやては年齢も若いが、今までの主とは違っていた。主が望むのは、家族として暮らすこと。
主が望むがままに、静かに暮らしてきた。はやても一家の大黒柱として、4人を支えてきた。』


服を買い、お風呂に入り、一緒にご飯を食べ、普通の家族のように。


ある日、はやての主治医から聞かされる一つの真実。
それは足の麻痺が徐々に悪化してきていること。
このままだと内臓器官にも影響が出てくるかもしれない。

はやては生まれたときから闇の書と一緒にいる。
そして闇の書が起動したことで、はやての体は闇の書の呪いにより蝕まれていく。
足の麻痺も、元々病気ではなかったのだ。

そして、ヴォルケンリッターである自分達が現れたことも理由の一つ。
自分達もまた、主であるはやての魔力を少しでも借りていること。

シグナムも、シャマルも、ヴィータも、ザフィーラも、はやてと会う以前と比べて
とても変わった。はやての体のことが分かったとき、ヴィータは涙するほどに。
治癒系の得意なシャマルでさえ治せないと言う。そして4人は答えを出した。

それは「闇の書の完成」 そうすればはやての足は治る。少なくとも悪化は
防げる。
a0062382_2282688.jpg












そしてシグナム達ははやてとの誓いを破り、夜の町へと繰り出す。

今までシグナムたちが散々、「時間が無い」と言っていたのははやての体を
思うがため。
そのためには一刻も早く闇の書を完成させなければならない。

ヴィータは一人で戦っていた。
どこか遠い場所で・・・一人で戦っているため、ボロボロになっている。


でも、「家に帰ればあったかいお風呂とはやてのご飯が待っている。」
だから自分は幸せなんだと・・・・。

急に現れた敵にも屈せず、ボロボロになりながらも突撃するヴィータ(エライ!)。

と、いうことで・・・今回もとてもよい話だったのでこの辺りで>>>
[PR]
by clarkwaka | 2005-11-15 21:13 | リリカルなのはA’s